12月 15, 2017

サービスは「楽天モバイル」「mineo」「OCN モバイル ONE」が上位

MMD研究所は、9月21日に「2017年9月格安SIMサービスの利用動向調査」の結果を発表しました。調査対象は15歳~69歳の男女4万2784人で、調査期間は9月1日~9月7日です。メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者は「NTTドコモ(32.3%)」「au(28.9%)」「ソフトバンク(23.2%)」の合計が84.4%、「Y!mobile」が3.9%、「MVNO(格安SIM)」が8.5%となりました。「Y!mobile」と「MVNO」を合わせると12.4%で、2017年3月の前回調査と比較すると1.1ポイント増えています。格安SIMについて聞いたところ「格安SIMという言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」が29.9%で最多となり、「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない(利用を検討するまでに至っていない)」が23.4%、「現在も利用している」が14.3%と続きました。
格安SIMをメインで使っている人は8.5%、詳しくはこちら

12月 8, 2017

日本での発売に期待!

Androidの父、と言われるAndy Rubin氏が立ちあげた会社から、スマホの新機種が発売されているそうですね。名前はEssential Phone。日本でエッセンシャルと聞くと、どうしてもシャンプーを思い浮かべてしまうのですが^^さわやかな印象はありますよね♪

このEssential Phoneが、最初の売り出し価格は700ドルほどだったそうですが、現在公式サイトでは200ドルも値下げしているそうです。そして、日本での発売は無いのかな~、と心待ちにしている人も多いとか。

5.7型液晶、Snapdragon 835を搭載し、バッテリー容量は3040mAh、防水防塵対応機種でもあるそうです。

実は、Essentialのサイトでも日本語版は一応あるんだそうです。一応と言うのは・・たまに中国語にもなってしまうそうで^^それくらい、日本には関心が無いのでしょうね^^それでも、Essential Phoneに期待!という人も結構いるみたいですよ。

Galaxy Mobile Japan

11月 13, 2017

新しい“スーパーミッドレンジ”「Xperia XA1 Plus」の日本での発売可能性は?

ソニーモバイルコミュニケーションズが2017年8月31日に発表したXperiaシリーズのスマートフォン3機種のうち、同社が「スーパーミッドレンジ」と位置付けるXA1シリーズの新モデルが「Xperia XA1 Plus」です。XA1 Plusのグローバルでの発売時期は2017年秋と発表されています。これまでスーパーミッドレンジの端末は日本市場に投入されてこなかったのですが、XA1 Plusではどうでしょうか。現時点で発売を予感させる動きはみられないものの、日本のSIMロックフリー市場は日に日に存在感を増している。ソニーモバイル傘下のMVNOである「nuroモバイル」も積極的にサービスを拡充しており、Xperiaシリーズの取り扱いを期待する声は大きいのです。XA1 Plusでは指紋センサーを搭載したことで、確実に使い勝手が良くなっています。コストパフォーマンスの高い他社製品に慣れた層に向けて、Xperiaユーザーの裾野を広げる1台といえるのではないでしょうか。
auスマホ

11月 6, 2017

知らなきゃ損する! 都内の地下鉄1日乗車券の特典サービス

東京都内を移動する際に便利なのが、東京メトロと都営地下鉄です。その東京メトロと都営地下鉄で使える一日乗車券には、「CHIKA TOKU」としてさまざまな特典サービスが用意されています。「CHIKA TOKU」は、博物館や美術館、飲食店など、都内の約400のスポットで、乗車券を提示することで、割引やプレゼントの特典を受けられるというものです。対象となる乗車券は、東京メトロと都営地下鉄の全線が1日乗り放題の「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」(大人900円・小児450円)、観光客向けの「Tokyo Subway Ticket」(24時間:大人800円・小児400円、48時間:大人1200円・小児600円、72時間:大人1500円・小児750円)、東京メトロのみ乗り放題の「東京メトロ24時間券」(大人600円・小児300円)、都営地下鉄「都営地下鉄ワンデーパス」(大人500円・小児250円)などです。さらに、「小田急東京メトロパス」「東急東京メトロパス」などの、各私鉄の乗車駅から東急メトロ乗り入れ駅までの往復券と東京メトロの1日乗車券がセットになった乗車券も対象となっています。
参照URL

10月 30, 2017

1万円の完全ワイヤレスイヤホンがエレコムから

エレコムは、Bluetoothの完全ワイヤレスイヤホン「LBT-TWS01シリーズ」と、ハイレゾ対応の有線イヤホン「EHP-RH2000Aシリーズ」と「EHP-RH1000A(M)シリーズ」を9月上旬に発売します。「LBT-TWS01シリーズ」は、左右が独立した完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンで、価格は1万800円(税抜)となります。左右を繋ぐケーブルがないため、ヘアスタイルを問わず装着できる。直径6mmの外磁型ダイナミックドライバーを搭載。内部構造を左右対称にし、音響条件が統一したことで、広がりのあるステレオ再生が可能ということです」。マイクを搭載し、通話にも対応します。約2.5時間の連続再生が可能で、充電は付属の専用ケースに装着して行います。ケースはイヤホン本体を4回満充電にできる容量のバッテリーを搭載し、ケースの給電端子はmicroUSBです。Bluetooth 4.1で、A2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポートし、対応コーデックはSBCです。
auの新機能で快適スマホライフ! | ヒント | Discover

9月 21, 2017

“サムスンのAIスピーカー「英語が話せない」ため発売遅延か “

8月23日、サムスンはニューヨークのイベントでGalaxy Note 8を発表すると見られています。しかし、当日は別の新たなデバイスもアナウンスされる可能性があるのです。ET Newsの報道によると、サムスンは間もなく音声アシスタントBixby対応のワイヤレスイヤホンを市場に投入しようとしています。サムスンのBixby対応イヤホンは、既に高い評価を獲得したアップルの競合製品、AirPods との厳しい戦いに直面することになるとのことです。AirPods はアップルの音声アシスタント、Siriと連携しています。Bixby対応イヤホンも同様な機能を実現すると見られるが、サムスンはこのデバイスに独自のノイズキャンセリング機能を搭載し、アップルと差別化を図ろうとしているのです。サムスンはこのところ、ハイエンドなオーディオ製品に力を入れていて、今期発売されたGalaxy S8とS8+には、単体で買えば99ドルもするAKGの高級イヤホンがバンドルされました。

9月 13, 2017

シャープ「AQUOS R」がauからも登場! ハイエンドの性能もIGZO液晶搭載で省電力にも自信あり

以前のAQUOSシリーズはキャリアごとに異なるブランドが用いられていましたが、今夏モデルからはフラグシップ機については「AQUOS R」でブランドとデザイン、基本性能を統一。ドコモ/ソフトバンクにつづいて、auからも「AQUOS R SHV39」として発表されました。AQUOSフラグシップ機らしく、性能をとことん追求しています。まずディスプレーは5.3型&省電力性能にも優れたIGZO液晶を採用していて、画面解像度もIGZO液晶のスマホでは初のWQHD(1440×2560ドット)となっています。高速描写やHDRでの動画再生などにも対応します。CPUは今夏最速クラスのSnapdragon 835(2.2GHz×4+1.9GHz×4)、4GBメモリー、64GBストレージなどを搭載。防水・防塵に対応しながらも冷却性能もしっかり意識しての設計だとアピールされています。カメラも2260万画素で(イン1630万画素)、広角レンズに加え、光学式手ぶれ補正の搭載で撮影の自由度が増しているとしているのです。AI機能「エモパー」はさらに賢くなったほか、ユーザーの声に合わせて端末がユーザーの方を向いて、さまざまな情報を教えてくれる回転する充電台「ロボクル」も同梱される。カラバリはマーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ライトゴールドの3色です。ライトゴールドにはジュエリーブランドのeteとのコラボモデルが100台限定で用意されます。

9月 4, 2017

“Neo smartpen N2は書いている途中でノートを変えてもしっかり認識されてびっくり! “

これまでも「スマートフォンで撮影すると取り込めます」といったメモ帳類はいくつか試したことがあります。しかし、ノートのけい線がうるさくて書く気が起きない、ページが増えると撮影が大変になる、きれいに撮れない、取り込んだアプリが使いにくいなど、何かしら引っ掛かることがあるのが常でした。しかし、Neo smartpen N2は違いました。ノートは種類が豊富ですし、できたらいいなと思っていたことが全部できていたのです。 ノートは、よく見ればドットがあると分かるものの、ごく自然な見た目です。リング、プレーン、メモ帳と種類が多いので、目的に合わせて使い分けできます。モレスキンとのコラボなど、ファンはたまらないでしょう。使い方は簡単で、スマートフォンに専用アプリ「Neo Notes」をインストールしたら、Neo smartpen N2とBluetoothで同期するだけです。アプリとペンが同期した状態なら、書いた先からスマートフォンにするすると反映されていきます。ノート上の筆記はボールペンですが、アプリ上ではあらかじめ設定したカラーとペンの太さに加え、256段階の筆圧がプラスされているので、味のある文字や図がつづられていきます。筆記中に、ふと他のノートにも書いてみたら、アプリ側でも筆記が始まった新しいノートに切り替わったのには驚きました。勉強中にアイデアを思いついて、メモ帳に書いたとしても、それはちゃんとメモ帳に書かれるわけです。ノートの新規登録などの作業は一切不要です。

8月 29, 2017

「AQUOS R」がauから、振り向く充電台「ロボクル」もセット

KDDI、沖縄セルラーは、シャープ製のAndroidスマートフォンのハイエンドモデル「AQUOS R SHV39」を7月上旬以降に発売します。「AQUOS R SHV39」は、シャープがキャリアに先駆けて4月に発表していたフラッグシップモデルです。120Hz駆動でなめらかな表示が可能なIGZOディスプレイや、HDR表示、Snapdragon 835搭載などが特徴で、シャープからは「発売後2年間は最新のAndroid OSにバージョンアップする」という方針も表明されています。「AQUOS R」はこれまでにソフトバンク、NTTドコモが取り扱いを発表しています。「AQUOS R SHV39」は、auの2017年夏モデルのラインナップで最速となる下り最大590Mbpsの通信速度に対応します。ボディカラーのラインナップは、マーキュリーブラック、ジルコニアホワイトに加えて、au版だけの「ライトゴールド」をラインナップします。エモパーが進化し搭載されるほか、シャープから「AQUOS R」用として発表されていた、「エモパー」と連動して動く充電台「ROBOQUL」(ロボクル)が端末の製品パッケージに同梱されます。なお、ROBOQULは、auショップでも購入できるといい、家庭と職場といった形で、よく行く2つ以上の場所に置いておくことが可能です。「au +1 Collection」では、曇りを拭き取るような効果も楽しめる半透明の「Frosted Cover」もラインナップされます。

8月 21, 2017

auのおすすめスマホ「AQUOS R SHV39 」はカメラも凄い

ここ数年で急速に普及したのがスマートフォンです。
スマートフォンは電話機能の他にパソコンの機能なども併せ持っていますので、パソコンを持ち歩いているのと同じですし、ノートパソコンよりもコンパクトですので持ち歩きやすさも兼ね備えています。
そうしたスマートフォンは数多くの機種がありますが、その中の一つに「AQUOS R SHV39 」というauのおすすめスマホがあります。
このauのおすすめスマホは発売前にも関わらず多くの人に注目されており、約5.3インチの大型ディスプレイと3,160mAhという大容量バッテリーを搭載していますので、色々なことを大画面で楽しむことができますし、電池切れの心配が少ないと思いますので、どなたでも安心して持ち歩くことができるでしょう。
そして、このauのおすすめスマホの凄いところはカメラにもあります。
搭載しているカメラは約2,260万画素のメインカメラと約1,630万画素のサブカメラで、どちらのカメラも広角と接写が高画質で撮影できます。
どなたでも手軽に本格的な写真を撮影して残すことができますので良いと思います。
このようなauのおすすめスマホはプロ並みの撮影を誰でも楽しむことができるスマホだと思いますので気になる人は使用してみてください。スマートフォン製品LINE UP